ブログ紹介

(´・ω・`) < コウシンテイシチュウ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
68146c9d.gif   

【まとめ記事】宿泊について


それでは、まとめ記事 ! (*゚∇゚)┏ バキューン! 〜⊃

宿泊について」!

旅人は人間である。
人間はすべからく(誤用())眠るもの。
よって旅人は眠るべきものである。

一日走りつかれた旅人はどこで眠っているのか?
彼らは日本のどこに潜んでいるのか?

赤裸々に語ります。
よろしくオナシャス!\(`・ω・´)


 目次 
 

宿泊データまとめ


まずは、今回の私の旅における宿泊データ!
まとめるであります!(`・ω・́)ゝハッ!


■ 宿泊先別日数(全216泊) ■

宿泊数


はい!
というわけで「道の駅」が断トツのトップでありんしたwww

すごいなー
まさか自分でもここまで泊まってるとは(;´∀`)

費用まとめでも語りましたけど、道の駅泊も野宿の一種とすれば、あわせて105/216泊。

私が旅を完遂できたのはあなたのおかげです、道の駅。
ありがとう( ´3` )

そして二位が「ライダーズハウス」。
これは完全に北海道枠ですねwww

実に、27/32泊がでっかいどう内でした。
なまら多いべやぁ(;´∀`)
まぁ、ライダーの聖地だけにそうなるんでしょうねw

あとは、四位「ネカフェ」。
これはもっと泊まってたような気がするし、金もかかってた気がするけど……実際のところどうなんでしょ?

比較のために、費用と並べてランキングしてみた!ヽ(`・ω・´)ノ


■ 日数・費用ランキング ■
<宿泊日数ランキング>
順位宿泊先泊数
1 道の駅82 
2 ライダーズ
 ハウス
32 
3 野宿23 
4 ネットカフェ19 
5 知人・友人宅16 
6 ゲストハウス12 
7 キャンプ場
8 その他
9 ユースホステル
10 民宿
 自宅
12 健康ランド
 民家
 船
15 旅館
 親戚宅
 徹夜
<合計費用ランキング>
順位宿泊先費用(円)
1 ネットカフェ35,310 
2 ライダーズ
 ハウス
29,770 
3 ゲストハウス17,710 
4 ユースホステル15,085 
5 民宿10,000 
6 健康ランド3,580 
7 旅館1,300 
8 道の駅
 野宿
 知人・友人宅
 キャンプ場
 その他
 自宅
 民家
 船
 親戚宅
 徹夜
<一泊費用ランキング>
順位宿泊先費用(円)
1 ユースホステル3,771.3 
2 民宿3,333.3 
3 ネットカフェ1,858.4 
4 健康ランド1,790.0 
5 ゲストハウス1,475.8 
6 旅館1,300.0 
7 ライダーズ
 ハウス
930.3 
8 道の駅
 野宿
 知人・友人宅
 キャンプ場
 その他
 自宅
 民家
 船
 親戚宅
 徹夜


うーん。こうやってまとめると、また見え方が違うなー。
合計費用ではネカフェが1位だったけど、一泊費用では実は三位だったりとか。

つーかこれは、1位の「ユースホステル」と2位の「民宿」が飛びぬけてるだけのような気がしますけどねwww

そして宿泊日数2位、合計費用2位だったにもかかわらず、金がかかる中では一泊費用最安の「ライダーズハウス」。
やっぱコスパいいよねwww

まぁ自分のデータ紹介はこれぐらいにして、ここからは各宿泊地がどんなところなのか、どんなメリット・デメリットがあるのかを語っていきましょう。
 

宿泊地紹介


下記リンクから各説明へGO!ヽ(`・ω・´)ノ
(記事内の該当箇所へジャンプします)


 

unun.gif  野宿の基本? 道の駅!  unun.gif

さて、まずは自分がこの旅で最もお世話になった施設、道の駅から!

結構、旅出る前の人は疑問なんじゃないですかね?
道の駅って、本当に泊まれるの?」ってね。

結論からいうと、泊まれます
個人的感覚では、95%以上の道の駅が野宿可能なんじゃないですかねー?

そんな道の駅のメリット・デメリットをまとめると、次のような感じでしょうか。

メリットデメリット
● 宿泊費がかからない。
● 全国ほぼどこにでも存在する。
● 施設内に、トイレ・水道がある。
● ほぼ屋根の下に泊まれる。
● 24時間開放の休憩所がある所も。
● 同類(旅人)がいる場合がある。
● 地元民と触れ合える。
● 風呂がない(温泉施設が稀にある)。
● 車・暴走族がうるさい場合がある。
● 警備員等が見回りしている所も。
● 時間的制約がある。
● 「野宿禁止」と明言している所も。


ってな感じで、メリット>デメリットって感じでついつい泊まってしまう施設(´∀`)ウフフ

24時間開放の休憩所なんてあった日にゃあ、思わず



                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     コ ロ ン ビ ア       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ



って感じですしねw


コロンビア化する例)

↓熊本の道の駅「うき」DSCF9531_20130306223006.jpgDSC06734_20130306223005.jpg
↑山形の道の駅「あつみ」


ただ、一ついえるのが「道の駅は宿泊施設ではない!」ってこと!
ここまでさんざ泊まれる泊まれる言っといてなんですがwww

あくまで、道の駅は「休憩施設」です。
車中泊ならまだしも、チャリダーライダーがおおっぴらにテントを張っておkな施設ではない……ハズ、です。

歯切れ悪いのは、道の駅によってそのあたりが曖昧なんですよねぇ(;´∀`)
グレーゾーンっていうかね。

上のデメリットの所で述べたような、「野宿禁止」と明言している所もある。

はたまた「旅人ウェルカァアアアアム!!」で、泊めてくれた上に、写真とって飾ってくれるような道の駅もあるwww


↓宿泊禁止な道の駅「河野」DSCF1904_20130306223004.jpgDSCF3305_s_20130306223004.jpg
↑写真撮影サービス、道の駅「みとう」


そして、大概の道の駅はその中間にある。

そのあたりは、道の駅の営業スタイルや立地条件、経緯なんかで違うんでしょうね。

野宿禁止になっている道の駅では、ホームレスや暴走族が大挙しておしよせて夜通し騒いだとか、旅人が道の駅開店後までテント張ってて苦情があったとか、そういった事件があったりしたそうです。

もしくは、物産館ばかりではなく、レンタルビデオ屋やスーパーなどとも提携している、街中にある or できて間もない道の駅。

そういう道の駅は警備員が常駐してたりして、テントは断られる場合も。
まぁ、ほんと極少数なんですけどね。


先に言ったように、ほとんどの道の駅は泊まれます。

ただ、あくまで休憩施設なので、道の駅の方に迷惑をかけないようにしましょう、ということです


● テントは閉店する PM 6:00~7:00 以降に、邪魔にならない場所に
● 撤収は開店する AM 8:00~9:00 より前に


これらを守っていれば、これほど野宿しやすい場所もありません。

何度か泊まっていれば利用の仕方も自然とわかってくるでしょうが、感謝の心を忘れず泊まらせていただきましょう!(´∀`)


ま~道の駅の人に許可がもらえれば一番いいのですが、辿りついた頃にはしまっていることも多いし、相手も改めて聞かれても難しいことでしょう。

旅の初期の誰かさんみたいに、迷った挙句に電話して、


??「あの……そちらの道の駅ってテント張って泊まったりできますか?」
駅員「え……? いえ、当施設はそういった場所ではございませんので……」
??「あ、はい。そうですよね。すいませんでしたー……」


みたいな会話をしないようにね!
あ~氏にたくなってきたよ!(´∀`)


どんな道の駅かはスマホの「道の駅ビューア」で調べる。
そして、泊まりやすいかどうかは、先達の旅人ブログなんかを参考にするとヨロシwww

要するに、ggr! ということだ!
 

batan.gif  沈没者量産施設? ライダーズハウス!  batan.gif

ライダーハウス、ライダーズハウスとも呼ばれる。
ライダー、チャリダーには定番のお宿(´∀`)

そんではまずはメリット/デメリットから。

メリットデメリット
● 宿泊費が安価(0~2000円)。
● 宿ごとの特色がおもしろい。
● 自炊がしやすい。
● 同類(旅人)が多い。
● 時間的制約が小(24時間いれる)。
● 連泊しやすい。
● 風呂/シャワーがない所も。
● ドミトリーが苦手な場合はつらい。
● 北海道以外は極端に少ない。
● つい連泊しちゃう。(;´∀`)


ここも、特にデメリットが気にならない施設でしたね。

風呂/シャワーが無いっていっても全体の半分ぐらいだし、無くてもたいてい近くには温泉/銭湯がありますしね。

ドミトリーでイヤンなのは、同部屋の方のイビキ等ですが……これも耳栓してれば気にならないし。

一度、耳栓なくしてる時に轟音イビキの方が泊まってらして、思わず物投げてやろうかと思いましたが(#・∀・)

耳栓はねー必携ですよ(´∀`)
俺のおススメは、潰して入れるタイプじゃなくて、段々になってるタイプのやつ。

こんなの↓


MOLDEX 高性能耳栓 ロケッツ6485 1ペア
MOLDEX JAPAN(モルデックスジャパン)
売り上げランキング: 727


圧迫感が少ないし、普通の耳栓より防音性に優れている気がしますね。
アマゾン以外だと「ワークマン」なんかの作業用品屋に売ってるかな。

あと他には、宿泊0円のライハでウホホーイヽ(°▽、°)ノとか思ってたら、水が出ない上に先住民の方がいたってこともあったっけ……


イカンイカン、ダークサイドに堕ちてまう(´∀`)
ライハに話を戻して、今度はメリットの話を。

やっぱ安いこと、同類がいて楽しいこと、特色が色々あって楽しいことですね。

DSCF6060_20130307010451.jpg←屋久島の拠点ライハ「とまり木
(テント泊:800円、ベッド泊:2,000円)
500円で泊まれて、メロンまで付くという驚異のライハ「ふくだめろん」→DSC09254_20130307010124.jpg
DSC09401_20130307010125.jpg←豊富な漫画と気さくで楽しいオーナーがお出迎え!
美瑛の「蜂の宿
(一泊:500円、併設の居酒屋で1,500円以上の食事で宿泊費無料)
2000円で宿泊できて、うに丼まで食える!
稚内の「漁師の店」→
DSC00357_20130307010122.jpg
DSC01968_20130307010123.jpg←道の駅「おこっぺ」のSLライハ
(宿泊:0円)
完全に沈没させにかかってきやがる……(;´∀`)
ゲームあり、周辺においしいジンギスカンの店あり、ばんえい競馬場あり。
帯広の「Pit」。
(一泊:1,000円)→
DSC03251_20130307010123.jpg


これだけでも、かなり特色があることが伝わるのではないでしょうか?
同じライハっていうカテゴリなのに統一感ないわwww

そんなライハですが、北海道に焦点をあてて言うなら0円マップという雑誌を活用して探せばいいんじゃないでしょうか。


こういうの↓




ツーリングマップルに比べてあまりメジャーじゃないので、知らない方も多いんじゃないかと思います。
が、地域ごとに発行されており、全国網羅されているようです。

そしてこいつは、特に北海道で威力を発揮する!
なぜなら、宿の情報が詳細でわかりやすいから!ヽ(`・ω・´)ノ

自分の場合、他の人のブログや0円マップを見て「あ、ここ泊まりたい」って決めて走っていく、っていうのが北海道での定番でしたね。

0円マップには、地図や、観光案内などものっています。
観光案内は、ツーリングマップルよりグラフィカルで見やすくなっています。
さらに、各施設の割引券なども付録でついています。

ただ、地図はツーリングマップルに軍配が上がるので、自分はそれらの2冊持ちで走っていました。0円マップはもらったものですがwww(´∀`)


ともかくそんな、特色ありーのやしーのでメリット迸るライハ。

合う合わないはあるかもしれませんが、是非一度試してみてはいかがでしょうか?m9(・∀・)
 

ase.gif  旅人ならやっぱり? 野宿!  ase.gif

公園や橋の下、海浜公園、なんなのココ(´∀`)? ってな感じの枠ですね。

決して悪いことばかりではないのですが……
まずはメリット/デメリットを。

メリットデメリット
● 宿泊費がかからない。
● 時間的制約がない。
● どこでも泊まりえる。
● 風呂/シャワーがない。
● 水道/トイレが無い場合がある。
● 屋根が無い場合が多い。
● 虫がひどい場合がある。
● 何が起こるかわからない不安。


うーん、どうしてもデメリットのほうが際立ってしまうように感じるwww

実際自分も、道の駅や、適当な宿泊施設が近くに無かったときの緊急措置的な感じで泊まってたようなものですしね。

それでも、綺麗なトイレがある所は道の駅と変わらないクオリティで泊まることができたのですが。
ただ、そんな公園は見つけづらいし、やはり確実性で劣るかと。

道の駅に比べて良い点は、やはり時間的制約が無いことですね。

寝坊してもいい分、気楽(´∀`)
むしろそれがよくて、道の駅よりも好んで公園を使ってる方もいるみたいでした。


↓橋の下もまぁ可能。おおいた川。DSCF4090_20130307024555.jpg
 
DSCF4977_20130307024557.jpg
↑海岸のキャンプ場?「石波海岸」
 
↓普通クオリティ。「羽咋中央公園」DSCF2612_20130307024554.jpgDSC09854_20130307024558.jpg
↑なかなかの住み心地。「猪苗代湖畔」



すごい人になると図書館前とか公民館とか、学校の校庭にテント張って泊まってたらしいし……ほんとコレは、好みと胆力、あと行動人数なんかに左右される泊まり方ですねwww

自分はやっぱ「道の駅」が好きですねぇ(;´∀`)
屋根と水道の誘いには勝てんwww

街中の公園で泊まったとき、早朝にゲートボールが始まって、それで起きたって事もあるし……必ずしも時間的制約のメリットが生きるわけじゃないし。

他の人のブログで「ここは確実にいける!」って思ったときとか、
今日はもう仕方ない! どうしてもここに泊まる!」とか、
野宿の神が俺に囁きかける……ココに泊まれと!!」とか……

まぁ、そんなときは泊まってもいいんじゃないかしら? と思います。


他に考えられる野宿場所については、

無人駅(終電後に訪れ、始発前に撤収すべき)
寺・神社(神主さんに断りを入れる)

などをよく聞きますね。

この二つは、ちょっととまってみたかったかな(´・ω・`)
 

nemunemu.gif  睡眠? 漫画? ネットカフェ!  nemunemu.gif

もはや全国、無い所を探すほうが難しい施設・ネカフェ様の登場です。
金さえありゃー毎日でも泊まってたかったよ……(´∀`)フフフ

ここも、利用したことのない方から「泊まれるの?」っていう質問が結構来ていました。

結論:泊まれます

寝床の快適さは野宿以上ベッド以下
それ以外はある意味、他の施設の追随を許さない高みにある

といったところでしょうか(´∀`)フフフフフ

メリットデメリット
● 宿泊費が安価(2000円前後)。
● 24時間いつでも来れる。
● 個室で横になって眠れる。
● 大抵ブランケットを貸してもらえる。
● 高速なネット環境。
● 豊富な漫画。
● フリードリンクで栄養補給。
● シャワーがある所も多い。
● 時間的制約がある(大体8~12h)。
● 荷物の持ち込みがめんどくさい。
● 施設への出入りがしづらい。
● 風呂/シャワーがない所も。
● 明るい/うるさい場合がある。
● 都会は自転車の置き場に困る。


宿泊までの流れとして。

ネカフェには「フラットブース」もしくは「マットブース」と呼ばれる、横になって利用するための個室が、ほぼどの店にもあります。

広さは二畳ほど、大人二人が横になれる程度でしょうか。


DSC04562_20130307040532.jpg ← こういうのね。


来店の際、最初に(オープン席:椅子のみの開放席 / フラットブース:上の画像のような席)や料金種別(9h / 12h / ナイトパック等)を選ぶのですが、寝る場合は、このフラットブースのような席を選ぶのです。

どれがそうかわからない場合は、店員さんに「横になって寝たいんですけど、どの席がいいですか?」というように聞いてみるとよいでしょう。

昨今のネカフェは、そういった宿泊目的の客もターゲットにしていますので、親切に答えてくれます。

宿泊施設として訪れる場合は夜でしょうし、他よりも安価になるので、料金種別は「ナイトパック」を選ぶとよいでしょう。

店によっても違ってきますが、8~9時間で1,500円前後や、12時間で2,000円前後の場合が多いです。


そしてそこまで決めて席に入ってしまえば、あとは漫画読み放題ィイイイイイイイ! のジュース飲み放題ィイイイイイイイ! のパラダイスと化すわけです!

素晴らしき哉(´∀`)フフフ
漫画好きの自分には天国でしたねw


ただ、時間制約がある分、睡眠不足になる場合が多く……
主に漫画の読みすぎとかで……(;´∀`)

また、フラットシートも人によっては硬くて寝苦しいかもしれません。
自分は平気なほうでしたが。

あと、夜中に起きてる人がPCカタカタ打ってる場合もあるので、この施設も耳栓が必携でしょう。


施設の場所を探す方法は、

● スマホの Google 先生地図で「ネットカフェ」で調べる。
● 「Net Cafe Navigation」を利用する。

とかですかね。


毎日利用したら莫大な金額になってしまいますが、都会で道の駅も縁者もなく、泊まる場所が無いという場合には絶大な威力を発揮する施設です。

是非ご利用を(`・ω・´) b
 

byebye.gif  ありがとう! 知人・友人宅!  byebye.gif

お礼ゾーン。

泊めてくれたみなさん、本当にありがとうございました!m(_ _ ")m


自分の場合、ブログで知り合った人や、旅先で知り合って、後ほどその方の家に泊めてもらう場合が多かったです。

家とあったかい布団があって、あとご飯までおごってもらったり……ありがたやー (´;ω;`)

お礼は、RHアマイチで旅人にコツコツ返していくよ!ヽ(`・ω・´)ノ
 

sunglass.gif  国際交流? ゲストハウス!  sunglass.gif

このゲストハウスってのも、旅人以外にはなじみのない施設かな?
自分は、他の人の旅ブログみるまで知らなかったんですけど(;´∀`)


簡単に説明すると、

● 世界各地に存在する、バックパッカー向けの宿
● 一泊単位で宿泊でき、比較的安価
● 大抵ドミトリー(相部屋)で、キッチン、トイレ、シャワールームなどは共用

……って感じかな?
自身の体験+Wikipedia先生の説明の混ぜ込みご飯ですが。

しかし先生の説明によると、賃貸住宅みたいに月単位で利用できるみたいなことも書いてあるし……思ったより定義が広いようですね~

今回は、一泊単位の利用の観点から説明していこうと思います。

メリットデメリット
● 宿泊費が安価(1500円前後)。
● 日本各地に存在する。
● 自炊がしやすい。
● 同類(旅人)が多い。
● 時間的制約が小(24時間いれる)。
● 特色が濃さが面白い所も。
● ドミトリーが苦手な場合はつらい。


ドミトリーが平気であれば、特にデメリットの無い施設だと思いますね。

屋根あるし。
シャワーあるし。
布団あるし (*´∀`*)

日本もそれなりに大きな都市であれば、結構あるみたいですし。

観光地に多いのは、バックパッカーを迎えるためなのかな?
京都とか、沖縄とか。

自分が泊まったところでは、鹿児島や熊本、仙台にもありました。
沖縄はそこかしこにあって、野宿以外はほぼゲストハウスでしたね~(´∀`)


↓沖縄の「CamCam」。800円。DSCF7673_20130314223447.jpg
DSCF9627.jpg
↑いろんな工夫が楽しい。
熊本の「中島屋」。

↓三重の古民家ゲスハ「石垣屋」DSC09008.jpg



泊まり方も、

電話する
→着く
→台帳に情報を書く(ない所も)
→料金を払う
泊まる!

って感じで簡単ですしね。


到着先が都市圏で、ネカフェはヤダ!
ググったらゲスハあるやん!(・∀・)

ってな感じなときには、積極的に利用すればいいんじゃないかと思いますねー
やっぱ布団っていいよ(´∀`)フフフ

検索は、こんなサイトもあるようです。


ゲストハウス情報検索サイト「ふうらい」

HATINOSU


ですが、ここにのってないゲスハもあるみたいですし、Google 先生とのタッグで調べたほうがいいかもしれませんね。

余談ですが、"HATINOSU"のほうはキャンプ場やライハの情報も検索できますよ!


そして、ゲスハの最大の特徴として、外人さんが結構いるってこと!
場所にもよるけど!

やっぱ国際的な施設だからか、国外から来た旅行者もゲスハに泊まりに来るんでしょうね。
鹿児島や熊本のゲストハウスにはそこそこいらっしゃいました。

外国語が堪能な方は、出会ったらコミュニケーションにチャレンジしてもいいのではないでしょうか?

自分? 日本語ってやっぱいいなって思うんですよ(;´∀`)

さておきまぁ、コミュとるとらないはその人次第ですし、安宿として是非ご利用されてみてはいかがでしょうか?m9(・∀・)
 

korokoro.gif  どこにあるんだ? キャンプ場!  korokoro.gif

野宿筆頭生・キャンプ場。
だが、その実態は謎のヴェールに包まれている……(´-ω-`;)

メリットデメリット
● 宿泊費が安価?(0~?)。
● 日本各地に存在する。
● 堂々と野宿ができる。
● 自炊がしやすい。
● 時間的制約が小。
● 風呂/シャワーがない。
● 屋根が無い場合が多い。
● 虫がひどい場合がある。
● 場所が分かりづらい事も。
● 季節によってはやっていない。
● 閉鎖している事もある。


つまりは分かりづらいんですよ!

場所とか、やってるのかどうかとかがwww

一回、四件ぐらい候補あげて片っ端から連絡して、「閉鎖、閉鎖、連絡つかない、連絡つかない」ってコンボを喰らったことがありましたね~

めげそうになったよ。
ていうかめげたよ(;´∀`)

キャンプ場自体は、ツーリングマップルに載ってたり、Webで検索できたりで何箇所も見つかるのですが、なかなか希望に即した所を見つけるのが難しいんですよね。

自分の場合の第一希望は、もちろん安いこと
できることなら無料

その観点で調べてったら、閉鎖っちゅーBAD ENDに辿りつく羽目になるっちゅーわけですな(´∀`)フヘヘ

連絡先調べってたら、よく市のホームページなんかにたどり着きました。
そういった所が運営・管理してたが維持できなくなったとか、そんなんですかねー?

車を乗り入れることができる「オートキャンプ場」ってのだったらやってる確率もあがるのでしょうが、こっちは数千円~などという莫大な金がかかります(´A`)

野宿にそんなかけるなんてありえないよ!
ていうかまずニーズが違うよ!

こういうのは、家族でワイワイ集まって、テント張ってガヤガヤするような所ですよね。旅人むけじゃねぇ(´∀`)

で、話戻って旅人向けのほうに目をやると、やってるかどうかわからない場合が多いと。
もちろんやってる所もたくさんあるんですけどね。


←受付のおばちゃんの計らいで、駐輪場の軒下に泊めてもらいましたw
糸根地区公園キャンプ場
ロケット打ち上げ観察&宿泊にうってつけ。
種子島の「宇宙ヶ丘公園」→
←旅人はマグロ丼の夢を見るか?
大間テントサイト


連絡がついた場合は現地に向かうのですが……これがまたわかりづらかったりw

無料のキャンプ場ってのは管理人がいない場合が多くて、ツーリングマップル or Google Map で大体の場所を調べて、あとは現地の看板等で見つけるしかありません。

入り口を見つけるのに一苦労。
全然みつからないわけじゃないけど、ちょっと迷うっていうか(;´∀`)

自分の場合、この辺の検索&場所特定がめんどくさくて、キャンプ場をあまり積極的に利用しなくなっていきましたね。


ちなみに無料キャンプ場の場合、連絡が取れても「どうぞご自由に利用ください」って感じです。
つまり、その場所なら公然と野宿していいですよ、って場所みたいなものかと。

水場とトイレが大体ありますし、公園野宿よりはいいでしょう。
ゆっくりしたい人にはおススメです。

HATINOSU で検索したり、旅人の話を聞いたりして、確実にやっている場所を見つけていけば、大分利用しやすい施設になるのではないでしょうか。
 

jump.gif  ミーティングで燃え上がれ! ユースホステル!  jump.gif

一昔前の七十年代、一世を風靡したというユースホステル。
現在は斜陽の傾向にあり、随分と数を減らしているのだそうです。

それでも、全国各地に残ったユースホステルはそれぞれ工夫を凝らし、他の施設とはまた一風異なった宿泊の楽しみ方を私たちに教えてくれます。

ユースホステル? ユーステルじゃないの?
うん、それは旅に出る前の俺だ(;´∀`)

そんなユースホステル初心者も、ここでゆっくりその魅力に触れて行ってね!
(`・ω・´)

メリットデメリット
● 宿泊費が比較的安価(3000~5000円)。
● 日本各地に存在する。
● 宿ごとの特色がおもしろい。
● 同類(旅人)が多い。
● 時間的制約が小。
● ライハ等と比べると若干割高。
● ドミトリーが苦手な場合はつらい。


やっぱりユースホステルを語る上で最大の特徴といえば、ミーティング等の特別な規則があるってことですかねー。

もともとユースホステルっちゅーものが「青少年少女の旅に安全かつ安価な宿泊場所を提供しよう(Wikipedia先生より)」っていう主旨で始まったものらしいです(ちなみに発祥はドイツ)。

そのためか、掃除やミーティング等の規則が、ホテルとしてのアイデンティティーとして組み込まれているような所があるみたいです。

ですが、国内のユースホステルに関して言えば、現在はそういった規則は昔ほどは厳しくなく、ミーティングも行わない、もしくは行っても自由参加、というような所が増えてきているようです。

自分が泊まったユースホステルは二箇所でしたが、そのどちらもミーティングはできれば参加、というものでした。

ミーティングっていう字面からつい
それではアマイチ君、報告を!」「ハッ! これに!(`・ω・´)
のような固っ苦しいものを想像しがちですが、全然そんなものではありません。

和気藹々とした雰囲気で、周辺の観光地などを紹介してくれたりするのです。


↓シャコタンブルーに沈む夕陽
積丹ユースホステル

↑新世界の扉が開く。
桃岩荘


たり、っていったのもですねー……上記右のユースホステルのインパクトがでかすぎるからなんですよね~w

写真だけみたら「なんのミーティングしてんすか? 今度やるコントのネタの打ち合わせ?」っていう突っ込みが入りそう……(;´∀`)

まぁこの桃岩荘ってのが特殊で、ユースホステルの伝統をまもりつつ、楽しさが暴走してしまった結果がこれだよ、みたいな感じらしいのですがw

もちろん、名所案内もありますよ?
ただ、伝え方が特殊ってだけですw

ミーティングだけでなく、このユース自体がネタの宝石箱なので、最初にここに泊まってしまうと、ユースホステルのイメージが変な方向で固定されてしまうかもしれませんw

楽しさは半端ないんだけどね!


積丹ユースでは、神威岬にまつわるエピソードを、民話を交えて説明してくれたりと、別種の楽しさがありました(´∀`)
 

jump.gif  まったり! 民宿!  jump.gif

野宿が夜を明かす手段となりうる旅チャリダーだけではなく、一般の旅行客までも利用層に入る民宿。

当然、施設のレベルも高く、その分お値段もお高いんでしょう? となるのですが……

ともかくメリット/デメリットを。

メリットデメリット
● 宿泊費が比較的安価(3000~5000円)。
● 日本各地に存在する。
● 見つけやすい。
● 風呂等の設備が充実している。
● 和室で眠れる?
● 時間的制約が小。
● ライハ等と比べると若干割高。


民宿って言っても、どういうものかと聞かれればパッと答えづらい。

というわけでいつものWiki教授の説明を借りると、


<民宿とは>
● 小規模かつ、客室が和室であるなど設備が主に和式である宿泊施設のこと。
● 本来は農家や漁業者等の地方民家の一室を、スキー客や海水浴客など旅行者の宿泊に提供した、自宅開放型の宿泊施設


……ということらしいです。

なるほどなぁ。確かに、泊まった二箇所の民宿の寝室は二箇所とも和室でしたし、デカイ一軒家を宿泊施設に改造したといわれれば、そういう感じでしたね。

余談ですが「客室等の設備が主に和式で中規模・大規模の施設が旅館とされ、小規模で客室が洋室など主に洋式の設備を備えるものがペンション」らしいですよ。

勉強なるなる (´・∀・`)


↓最北の民宿?「眉倶楽部
↑自給自足?「あがた浜


ご飯もでるし、布団で寝れるしで、費用面を考えなければ特に不備の無い施設ですね。

なぜか、波照間では漁に出る羽目になりましたがw
上の写真の魚は、そのときに取ったやつです。
自給自足です(;´∀`)
楽しかったけどwww

経営者との距離が近いので、そういった体験ができるのかもしれません。
眉倶楽部のほうでも、近場の祭りの話を聞いて行ったりしましたしね。

たまには、民宿でまったり体を癒してみてはいかが?
ス、ステマちゃうで?(´∀`)
 

jump.gif  意外な伏兵! 健康ランド!  jump.gif

自分にとっては、青森健康ランド枠(´∀`)

一度泊まってから、完全にイメージが変わりましたねw
もちろんいい方向に!(`・ω・´) b

メリットデメリット
● 宿泊費が安価(2000円前後?)。
● 日本各地に存在する。
● 何度も風呂に入れる。
● 時間的制約が小?
● ライハ等と比べると若干割高。
● 荷物の持ち込みがめんどくさい。
● 施設への出入りがしづらい。
● 自炊できない。
● 人によっては眠りづらい?(寝る場所は仮眠室)


で、いったん持ち上げといてなんなんですけど、泊まったのは一箇所だけなので、説明にはちょっとこまるんですよねw(;´∀`)

というわけで、ネットの情報を参考に説明させていただくます。


<健康ランドとは>
● 多種の浴槽、マッサージコーナー、休憩室、カラオケ、ゲームコーナー、食堂などを有する大規模な公衆浴場。
● 時間料金制をとる施設も多い。
● 仮眠室がある所も。


要するに銭湯のスゴイ奴、と思ってもらえればいいみたいです。

で、宿泊の観点で見る場合、上の説明の仮眠室がある所を探せばよいと。
つまりは、24時間営業してる健康ランドですね。

仮眠室である所を強調するのは、健康ランドは宿泊施設として利用されることも多いのですが、あくまでそれは「休憩中の仮眠」という扱いになるからなんだそうです。

その仮眠室も、青森健康ランドでいえばリクライニングチェアーが等間隔に並べられてるだけ、他の所は畳やじゅうたんであったりするそうです。

場所によっては布団があったりするらしいのですが。


DSC04562_20130307040532.jpg ← 青森健康ランド。
仮眠室は別の場所で照明も暗いが、椅子はこれと同じだったはず。


当然、近くにたくさん人がねているので、いびきの心配があるし、場合によってはリクライニングチェアーがあいてなくて床で寝なければいけないこともあるとか……(;´∀`)

まぁいびきは旅人の大事なもの「耳栓」をもってればなんとかなるし、寝る場所も、着いた時になるべく確保するようにしよう、ということらしいですよ。

風呂には何度も入れるし、野宿より何倍もましですし、自分としてはかなりいい施設だと思いますねー(´∀`)


そんな健康ランドを探す場合は、こんなのもあるようで。


Twitter
  24時間営業の健康ランドビューアα
  WEB版アプリ版



旅終わってから教えてもらって知りましたからねーこれw
旅中に知っていれば、もっと健康ランドを利用していたかもしれない。

そんな風呂好きにはたまらないかも知れない健康ランド。
是非、一度泊まってみてはいかがでしょうか?
 

jump.gif  あなたは神ですか……? 民家!  jump.gif

これも、知人・友人宅と同じで、手塚ゾ……お礼ゾーンですね。

泊めてくれたみなさん、本当にありがとうございました!m(_ _ ")m

自分の場合は、自転車をみていきなり泊めて下さった、みたいなパターンでしたね。

ヒッチハイクみたいに、自分から「どうか一晩、雨露を凌げる場所を……」って感じで近づいていく人もいるのかな?
 

jump.gif  どこに売られるの? 船!  jump.gif

沖縄行きフェリー枠。
奴隷船とマイナス方向に名低い、あの……(;´∀`)

鹿児島~沖縄が25時間かかるから、どうしても船内泊になるんですよねw

「波に揺られて眠るのがたまらないのだぜ!」
「波の音を聞いてないと眠れないんです!」

みたいな人でもない限り、二度と
                                 ,.
   ハハ
   (゚ω゚) <お断りします
  /  \
((⊂ )  ノ\つ))
   (_⌒ヽ
   ヽ ヘ |
εニ三 ノノ J


な泊まり方かと……

あえて語るほどでもないのに枠を設けたのは、ただ単に愚痴りかっただけなのかもしれない。

強調しまくるほど酷くはないのですが、次乗るときは改善されていたらうれしいなと思うのです(´∀`)
 

  ゆったり! 旅館!  

これも、あまり語るまでもない枠ですね。

タイトルにゆったりと書きましたけど、旅人はゆったりできませんしね。
金額的に(;´∀`)

あえて枠を設けたのは、北海道の大和旅館があったから。


DSC04572_20140108230049422.jpg ← 時期によっては、連日開催される洞爺湖の花火大会を歩いて見に行ける「大和旅館



あそこには、ライダーズルームという、ライダー、チャリダー、バックパッカーさん専用の部屋があって、\1,300という安価で泊まることができたのです。

本来は\5,000~\1,0000前後? 払って泊まる施設であろう旅館にもそういう場所があるってことでね。

旅人目線で、他にもそんな所がないか探してみるのもいいかもしれません。
 

  ダメ! ゼッタイ! 徹夜!  

昔の偉い人はいいました。

宿がなければ寝なければいいじゃない

――と。


自分は都合、旅中に二回徹夜(一回はもどき)をしましたが、まぁしないにこしたことは当然ありません(´・ω・`)

よく寝、よく食べ、たまに沈没し、よく走る。
健康なチャリダーでありましょう(´∀`)
 

  その他!  

ここまでで紹介していない、自宅とか、親戚宅とか。
あとは、陸前高田でのボランティアで泊まった簡易宿泊所とかかな。

地球が寝床である旅人にとって、地面があればどこででも夜を明かすことが、理論上はできるハズ。

お金を払って泊まる宿でもなく、野宿でもない宿泊方法は、他にもたくさんあるのかもしれません(´∀`)
 

終わりに


と、いうわけで今回は宿泊についてお届けいたしました。

旅前の自分みたいに、「今夜どこに泊まればいいんだよ! 助けてドラ(ry」みたいな、迷える旅人の一助になれればいいなぁ、と思います(´ー` )

あと気をつけるべきことは……そうですね。


その日泊まる宿は、できるだけ早めに探す


とかですかね。

テンションにまかせて、走れるだけ走ったりすると、

もう遅い! 走りたくない!
ヤベ! 周りに宿とかない! 野宿や!
ああ、でも水道とかない! 体も拭けない! キモチワル!(;´Д`)


みたいなことになりかねません。
へたすりゃ、水道も無く、マットを広げるような場所すら見つからないこともあります。

その日泊まる宿は、早ければ前日の夜、遅くても昼過ぎには見つけて、そこ目指して走ってゆくのをおヌヌメします。
それイコール、その日走る距離の目安にもなりますしね。

戦争は始める時に、終わらせる手段も考えておくものさ――

つまりはそういうことです (´ー`)y-~~


宿の探し方などは、旅してると自然と身についてくるスキルだと思います。
これまでに紹介したサイトや、他の人のブログ、Google 先生などをフル活用して、快適な寝床を探してみてくださいね(`・ω・´) b


それでは、今回はこの辺で!
シーユーネクストイヤー!( ´∀`)ノ





クリックお願いします m(_ _ ")m
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 日本一周 自転車

68146c9d.gif   

この記事へのコメント

No title

シーユーネクストイヤーってヾ(゚Д゚ )ォィ!w

参考になりますφ(*'д'* )メモメモ
宿に関しては自分はじゃらんさんのアプリ使ってましたねぇ…
場合によっては割引効きますし沖縄一週間とかっていう単位では重宝しました(´・ω・`)
ゲストハウスなるものに泊まってみたりもしましたが個人的には寝られれば大満足でしたねw
テント持たず、身一つでの旅なら…って話ですがw
あとは沖縄旅してた時は出会った人に泊めていただいたり帰りには大阪の親戚の家に泊めてもらったりと…

やっぱり感謝が一番大事だなぁと思いますよ。

もちろんこの記事を書いているAmeおっと間違えたAmaichiさんにも感謝しております(`・ω・´)ゞ

HIDEさんへ→

>シーユーネクストイヤーってヾ(゚Д゚ )ォィ!w

年刊Amaichi、発刊です (`・ω・´) b 

>参考になりますφ(*'д'* )メモメモ
>宿に関しては自分はじゃらんさんのアプリ使ってましたねぇ…
>場合によっては割引効きますし沖縄一週間とかっていう単位では重宝しました(´・ω・`)
>ゲストハウスなるものに泊まってみたりもしましたが個人的には寝られれば大満足でしたねw
>テント持たず、身一つでの旅なら…って話ですがw
>あとは沖縄旅してた時は出会った人に泊めていただいたり帰りには大阪の親戚の家に泊めても>らったりと…

>やっぱり感謝が一番大事だなぁと思いますよ。

>もちろんこの記事を書いているAmeおっと間違えたAmaichiさんにも感謝しております(`・ω・´)ゞ

ほんとね……旅してると、屋根のありがたみってものを嫌っちゅーほど痛感させられますよねw

沖縄のライハは1000円切るところも多いし、あんなのが全国どこでもあればいいんですけどね。

ライハアマイチは0円よ?(´∀`)
俺が旅して泊めてくれた人への感謝で旅人をとめ、また感謝をもらう。
通貨は感謝です。

コメントの投稿

非公開コメント

68146c9d.gif   


検索フォーム
いろんな情報
最新記事
カテゴリ
コメント
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
タグクラウド

お気に入りに追加
QRコード
QR
カウンター
プロフィール

Amaichi

Author:Amaichi

2Xさい。

趣味は読書と自転車と無謀な行動。好物は猫と自由と甘いもの。

ライトノベル作家目指して奮闘中。旅して面白い話が書けるようになれればいいな。

2012/04/07より、愛車の黒命号&相棒のショボ蔵とともに自転車日本一周中。

リンク
■ チャリダー&旅人達 ■
サンパンの人生送りバント
ピカチュウと自転車で全国をめぐる旅の日記
Cycling Cafe Terrasse
旅チャリ日本一周
ノッテぃの自転車日本一周の軌跡
日本漂流記(´・ω・)
自転車旅行予定ブログ
ちゃりんこきーぼーの人生ヒルクライム(仮)
にょこ板っ!
枯木チャリダー
のんびり暮らしたい ~ 自分探し編
自転車日本一周の旅~Shinya2012.Ver~
えだのにっき
ペニャイダーの自転車で日本一周ブログ
Yへーの日本一周ひとり旅
日本を、ぐるっと見てこよう
小さな野良猫、日本一周旅に出る
ちっちゃいアホなおっさんの日本一周旅ブログ
日本放浪・アル(・Ω・)
ゆーじろーの自転車日本一周?+α?ブログ
たびじから旅路へ
ぶらり日本一周記
ダイの大冒険-自転車で日本一周-
Inity ニート放浪記篇
ちゃりであそぶ
I HATE YOU I LOVE YOU
日本全国ぶらり旅 with VTR250
Samurai Journey
Nalu's Journey
ニートジョンの自転車日本一周ブログ
小林広樹の自転車日本一周旅
スーパーカブ110PROで日本一周
プログラミング的な何か、あと自転車日本一周とか
自転車 日本一周記
旨苦本舗
日本一周アサコースター
「銀輪記」 自転車旅の記憶!!
こに丸旅日記
日本一周チャ里霧中
べこが行く! ~福島から日本1周自転車旅~
秋葉さんの日本一周をFREERIDE!

■ ツーリング準備お役立ち ■
ツーリングテントを選ぶ
寝袋・シュラフのプロが極秘で教える『失敗しない選び方・使い方』

■ 地図、その他情報系 ■
モバイラーズオアシス
FREESPOT・公衆無線LANスポットサービス
HATINOSU
ルートラボ
グーグルマップ

■ タイムトライアル ■
関西ヒルクライムTT

■ 趣味系 ■
ベイビーステップ ファンサイト

[このブログをリンクに追加]
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近読んだ本とか


<お勧め>
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。